PRODUCTS
製品情報詳細

ハイニッケルBAD

(ニッケルめっき光沢剤)

カタログダウンロード

主な用途

バレルめっき用 標準外観タイプ

特徴

  • 光沢、レベリングが優れ、深みのある光沢が短時間で得られます。
  • つきまわりが良好で、品物のくぼみにも充分な光沢を与えます。
  • 光沢剤の分解が少ないので、使用量もわずかで済み、経済的です。
  • メッキ皮膜が柔軟性に富み、良質のメッキが得られます。

特性

【浴組成】

使用範囲標準
塩化ニッケル35~50g/ℓ45g/ℓ
硫酸ニッケル180~250g/ℓ220g/ℓ
硼酸30~50g/ℓ40g/ℓ
BAD-110~30ml/ℓ20ml/ℓ
BAD-50.03~0.1ml/ℓ0.05ml/ℓ

【作業条件】

作業範囲標準
pH※4.2~5.24.6
浴温40~60℃45℃
沪過連続沪過連続沪過
陰極電流密度0.5~4A/d㎡2A/d㎡
陽極電流密度0.5~3A/d㎡2A/d㎡

※亜鉛ダイカスト、真鍮素地の場合は、pH5.2附近で作業を行って下さい。

【光沢剤の補給】

  • 補給量は、くみ出し量、要求される光沢度によって異なりますが、大体下記の量を目安にして下さい。

    1000AH当たりの標準補給量
    BAD-1250~400ml
    BAD-5100~150ml

  • 添加方法は、一度に補給するより数回に分け、少量ずつ添加する方が効果的です。光沢剤が均一にまざる様、メッキ液で4~5倍に稀釈して浴中へまんべんなく添加して下さい。

【管理方法】

現象
BAD-1不足つきまわりが悪くなる
BAD-1過剰特に影響なし
BAD-5不足光沢・レベリングが落ち、メッキが白っぽくなる
BAD-5過剰光沢は良くなるが、つきまわりが落ち黒味を帯びる

【その他】

切換え方法

有機計光沢剤よりBAD-1.BAD-5に切換える場合は、溶解、或いは活性炭(1g/ℓ)処理により容易に切換え可能です。光沢剤としてカドミウムを使用されている場合には、弱電解等の処置により、カドミウムを除去した後、BAD-1.BAD-5を添加する事により切換えられますが、この場合には弊社技術部まで御連絡下さい。

メッキ後、後処理の不備等により変色、発錆の問題の生ずる場合には弊社製品防錆剤Sの使用により上記問題の解消が出来ます。

お問合せ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

page top