PRODUCTS
製品情報詳細

電解剥離剤 NEW-ES

カタログダウンロード

主な用途

ステンレス治具のめっき剥離

特徴

電解剥離剤NEW ESは硝酸やその他の毒物を含まない一液性の電解剥離剤です。
ステンレスラック上の銅、ニッケル、クロムを剥離することが出来ます。


  • ステンレス(SUS304)ラック上のめっき(銅、ニッケル、クロム)を剥離し、かつステンレスを侵しません
  • 中性のノーシアン浴で、シアン分解処理が不要です
  • 沈殿タイプですので剥離液中の金属の除去処理が容易です
  • 導電性を改良してあり、大電流を流す際の電圧が高くなりません

特性

【性  状】

淡黄色液体(pH6.5~7.5)

【使用条件】

使用範囲標準
NEW ES250~450ml/L330ml/L
浴温度10~60℃40~50℃
pH6.5~87.0
陽極電流密度20~120A/dm280~100A/dm2
攪 拌空 気 攪 拌
浴 槽塩化ビニールライニング槽
ろ 過沈殿物の除去

【注意事項】

  • pH
    6.5以下では剥離速度が減少し、極板・ラックの侵食が起こります。pH8以上では金属塩が沈殿しやすくなります。pHを下げる場合には酢酸、上げる場合にはアンモニアを使用してください。
  • 浴温度
    剥離速度にはあまり関係しませんが、浴温度が高いほうが電圧は低くなります。
  • 攪 拌
    無攪拌の状態では沈殿物の異常生成、ラックの侵食が起こりますので、必ず空気攪拌を行なって下さい。
  • 極 板
    必ず18-8ステンレスまたはカーボンを使用してください。鉄板は溶解するおそれがあります。
  • 剥離液中の各金属飽和溶解量
    ニッケル:約50g/L、クロム(6価):約10g/L、銅についてはその殆どが陰極に電着するため約3g/L程度です。
    ニッケルが飽和溶解量になった場合、重金属沈降剤で沈降除去してください

【事故の原因及び対策】

現  象原  因対  策
液粘度が増加金属水酸化物の生成pHを下げるまたは水酸化物の除去
泡立ちが激しい高pHまたは活性剤の混入pHを下げるまたは活性剤の除去<
ラックの表面荒れ水酸化物の過剰生成除去
高pHまたは低pHpH調整
陰極面積が小さい面積の拡大(電流密度を上げる)
ラックの溶解 有効成分の減少原液補給
剥離速度が遅い有効成分の減少
接点不良
水酸化物の析出
原液補給
接点良化
陰極板の洗浄、強攪拌

お問合せ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

page top